怪しい

アンケートモニターは怪しい!?そう感じる人にお伝えしたい内容です

アンケートモニターに興味がある。

ただ・・・怪しい。

このように感じてしまう人も多くいらっしゃるかと思います。
でも、今のご時世を考えると、それはある意味当然のことです。

「詐欺が横行している世の中です。」
「ネット上だから余計に怪しさは増します。」
「アンケートに答えるだけでお金を稼げる!?」
「登録の際に個人情報の提供が必要。」

これだけでも「怪しさMAX」ですから、そう感じて躊躇うのは正常な防衛反応です。

でも、実際のところ「アンケートモニターは何ら怪しいものではない」というのがお伝えしたことです。

ここでは、そのことを証明しようと思います。

内容や仕組みを知ろう!

まず、怪しいと感じてしまうのは「知らないから」というのが最もな要因です。

アンケートモニターの内容やお金の稼げる仕組みを知れば、決して怪しいものではないと理解いただけるかと思います。

詳しくは「アンケートモニターの内容と仕組み」のページをご覧いただきたいのですが、アンケートモニターは今の時代に即した「新しい市場調査の形」なんですね。

一昔前は街頭で行われていた市場調査が、ネット上で行われているだけなんですね。

ネット上で行うことで、企業側はコスト削減、スピードアップが実現でき、回答者の私たちは協力の見返りとして報酬をゲットできます。簡単に言うと、このような仕組みで成り立っています。

大企業が運営しているケースがほとんど

このネットアンケートは「怪しい企業」や「詐欺グループ」が運営しているわけではなく、マーケティングリサーチを生業としている大企業に運営されています。

サイト名 運営会社
マクロミル 株式会社マクロミル
リサーチパネル 株式会社クロス・マーケティング
株式会社VOYAGE GROUP
infoQ GMOリサーチ株式会社
GMOインターネットグループ
キューモニター 株式会社インテージ

例えば、これら4つの大手サイトはいずれも「日本を代表するリサーチ企業」に運営されています。

ネット上でサイトを運営し、モニターを募って管理し、報酬のやり取りも行う。これらのことができるのは大企業だからなんですね。つまり、ネットリサーチを行っている企業は「リサーチ業界の中でも力のある企業」と言えるんです。

アンケートサイトは必ず「運営企業の情報」が掲載されていますし、「運営企業のHP」にもリンクされています。怪しさを拭う為に確認を行い、信頼できる企業だと感じた場合にのみ登録するのも手です。

個人情報に関しても心配無用

個人情報の登録も「不安」や「怪しさ」を生む原因となりますが、心配は無用です。

アンケートモニターに登録したことが原因で「個人情報が流出した」なんてことは聞いたことがないですし、私の使用感からも問題はありません。

何より、このネットリサーチはモニターがいてはじめて成り立ちます。つまり、リサーチ企業にとって信用や安全は是が非でも確保しなければならないものとなります。

個人情報流出 ⇒ 悪評が立つ ⇒ モニターがいなくなる ⇒ ネットリサーチが行えない ⇒ 売上が立たない ⇒ 企業存続の危機

信用の欠如はこの悪循環を生み出すので、モニターを募る企業側も必死に安全性の確保に努めています。大概のサイトは個人情報管理の安全性を示すために「プライバシーマーク」を取得しています。ですから、登録の際に取得の有無を確認することで怪しさを拭えます。

まとめ

以上がアンケートモニターの真実です。

ただ、実際に自分自身で体験することでしか「怪しさ」を本当に拭う方法はありません。

「百聞は一見に如かず」です。

是非あなたも「新しい市場調査」に参加して稼ぐことを体験してみて下さい。
そして、自分自身でアンケートモニターの怪しさを拭って下さい。

運営企業や安全面を考慮したサイト紹介を「アンケートモニターランキング」にて行っています。
あなたにとって最適なサイトを選ぶための参考にご利用下さい。

 


関連記事


アンケートモニターランキング