アンとケイト危険

アンとケイトの会員数からサイト価値を探る!

アンとケイトのモニター会員数はどれくらいいるのでしょうか?

モニター会員数が多い(100万人以上)サイトは「大企業運営で安心」「安全対策万全」「稼げる」の3要素を満たしていることが多いので、登録するかどうかの判断基準として「会員数」に注目することは間違いではありません。

ここでは、アンとケイトの会員数を他のサイトと比較し、会員数の観点から登録価値を探ります。

アンケートサイトとしての規模を確認し、モニター登録への判断基準に利用下さい。

 
【大手アンケートサイトのモニター会員数】

アイリサーチ 約327万人(提携パネル含む)
マクロミル 約230万人(提携Yahoo!リサーチモニター含む)
infoQ 約184万人
リサーチパネル 約156万人
キューモニター 約130万人
アンとケイト 約100万人
D STYLE WEB 約80万人
サイバーパネル 約20万人
ボイスノート 未公表
オピニオンワールド(外資) 全世界約2,000万人
バリュードオピニオン(外資) 全世界約600万人
Toluna(外資) 全世界約600万人

 
アンとケイトの会員数は約100万人に及び、会員数から判断すると大手アンケートサイトと言っても良いでしょう。
アンとケイト会員数
2014年以降HPの会員数が更新されておらず、今現在の正確な数値は不明ですが、更に増えていることは間違いありません。

冒頭で取り上げた要素に当てはめると「安全対策万全」「稼げる」は一致しており、「大企業運営で安心」に関しては大企業ではないという感じですね。ただ、「単価の高いアンケート依頼が多い」という特徴を持っていますから、稼ぎという面で登録価値は大いにあります。また、価値のないサイトに100万人以上の人は集まりませんから、登録数がその価値を代弁してくれています。

当サイトの詳細(運営、安全性、稼ぎ、メリット、デメリットなど)は「アンとケイトの評判・評価」にて詳しく解説しています。モニター登録への最終ジャッジに活用下さい。

 


関連記事


アンケートモニターランキング