マクロミル

マクロミルに偽名・偽情報で登録すると絶対に後悔する!

マクロミルで稼ぎ始めるにはモニター登録が必要ですが、登録には「氏名」「TEL番号」「住所」など個人情報の入力が求められます。その際に頭によぎるのが「偽名・偽情報で登録しても良いのか?」ではないでしょうか。

恐らく、安全面や信頼性に一末の不安を抱えていることが原因かと思います。

その気持ちは非常によく分かりますが・・・。

絶対に偽名・偽情報で登録してはいけない!

これが、この疑問の100%正しい結論になります。その理由は「偽名・偽情報」で登録することに一切のメリットがなく、逆に絶対に後悔することになるからです。

【偽名・偽情報で登録すべきでない理由】

  1. 虚偽登録によるリスクを背負うことになる
  2. アンケート以外の高額調査に参加できない
  3. 稼いだポイントを交換できない

各項目を詳しく見ていきましょう。

 

1.虚偽登録によるリスクを背負うことになる

マクロミル側に偽名・偽情報で登録したこと(虚偽登録)がバレてしまった場合、それまでに稼いだポイントが無効となります。また、「アンケート配信の一時停止」や「モニター資格抹消」の処置が下される危険性もあります。

これらは全て「モニター規約」に記載されており、虚偽登録を行うことはこれらのリスクを背負うことを意味します。

2.アンケート以外の高額調査に参加できない

自宅にサンプル商品が送られてきて、その使用感や評価をアンケートで回答する「商品評価モニター(サンプル調査)」に参加できません。モニターとして無料で商品をゲットでき、かつ報酬も高い一挙両得の調査です。でも、氏名や住所が虚偽だと商品が届きませんし、そこから虚偽登録がバレる危険性もあるので参加したくてもできません。

また、会場調査・インタビュー調査など、時給換算で3,000円を超えるような超高額調査にも参加できません。それらの調査では「事前の電話確認」or「会場での本人確認」が行われるからです。

3.稼いだポイントを交換できない

マクロミルで稼いだポイントは様々なものに交換可能ですが、あなたが望むものに交換できない可能性があります。

まず、マクロミルは手数料無料で銀行振込にてポイントを換金してくれますが、それが不可能となります。なぜなら、「登録した氏名」と「口座名義」が同一でないと振込されないからです。ポイント交換サイト経由で現金化するにも、交換サイトの登録名義と同一でないとポイント移行されない可能性があります。また、交換サイトも偽名で登録したとしても、そこからの振込が同じ理由で不可能となります。

つまり、多くの人が望むであろう「現金化」ができなくなります。また、自宅住所宛に送付されてくる「商品」「各種商品券」との交換も不可能となります。この様に、虚偽登録を行うと「不整合」が発生してしまい、ポイント交換に支障をきたします。これでは頑張ってアンケートに回答した意味がなくなりますよね。

  • 絶対に偽名・偽情報で登録しない!
  • 虚偽登録をすると絶対に後悔する!

この意味を理解いただけたのではないでしょうか。何よりも「項目3 ポイント交換できない可能性がある」という時点で虚偽登録は有り得ませんよね。

マクロミルはマーケティングリサーチ業界国内No.1の企業により運営されており、圧倒的な依頼数を武器にNo.1の稼ぎを生み出す超優良サイトです。それ故に、虚偽登録でリスクやデメリットを背負うと、大きな損失となります。

あなたも、本名・正しい情報でもってに登録してみてはどうでしょうか。それがマクロミルでの充実したモニター生活に繋がります。

モニター登録は「マクロミル」公式サイトよりどうぞ!
 
安全面に不安をお持ちの方は「マクロミルの安全性・安心度を徹底評価」をご覧下さい。

 

 


関連記事


アンケートモニターランキング