マクロミルのインタビュー倍率が高くて参加できない時の対処法

マクロミルにはアンケート以外にも「インタビュー調査」「グループインタビュー調査」の依頼が存在します。

これは、指定された会場に赴いてインタビュー(質問)に答える形式の調査で、時給換算すると3,000~4,000円が相場の美味しい調査なので、「参加したい!」と考える人も多いかと思います。

が、如何せん抽選の壁を突破できない…。

これが現実なんですね。

アンケートサイトとして絶大の人気を誇り、大多数の人が継続利用している「マクロミル」では尚更です。つまり、マクロミルからの応募だけではインタビュー調査に参加することは難しいんですね。

ここは、応募数を増やすことが絶対的に必要になります。懸賞なんかと同じで、「応募数」が当選確率を上げる重要な要素だからです。ここでは、その「応募数」を増やすのに最適なサイトをご紹介します。

応募総数を増やして当選確率をアップさせましょう!
これが、インタビュー調査参加への一番の近道です。

 

インタビュー調査の依頼が多いアンケートサイト

ここに、インタビュー調査を含む高額調査依頼が多いサイトをご紹介します。アンケートに回答しなくても、インタビュー調査への応募専用サイトとしても使えます。上手く活用して参加を実現させましょう。

D STYLE WEB

D STYLE WEBはアンケート依頼こそ少ないですが、インタビュー調査を含む高額調査に圧倒的な強みを持っています。ですから、インタビュー調査に参加したいのなら、絶対に登録しておくべきサイトになります。

dstyle

サイトのトップページでも堂々とアピールしている通り、「座談会(インタビュー)の実施数アンケートサイトNo.1」です。これを外す理由はどこにもありませんよね。

高額調査として「座談会(グループインタビュー)」「各種会場調査」「商品モニター」「個別インタビュー」「郵送調査(郵送アンケート)」「ミステリーショッパー」などの募集があります。

あなたも、インタビュー調査に参加を考えるのならば「D STYLE WEB 」への登録を最優先で検討して下さい!

infoQ

D STYLE WEBやマクロミルと比較すると依頼数は少ないですが、「infoQ」も外せません。私の実績からの判断ですが、当選確率がマクロミルよりも高い印象があるからです。

infoq調査種類

また、infoQは上画像の通り、どんなアンケートなのかを一目で見分けられます。ですから、インタビュー調査だけを狙い打ちすることができるんですね。つまり、インタビュー調査への応募専用サイトとして登録しておくのに最適なんです。

応募総数を増やすためにも「infoQ」の登録も欠かせません。

リサーチパネル

リサーチパネルも大手サイトの一つであり、「infoQ」と同等レベルの依頼数を誇ります。

リサーチパネル募集

リサーチパネルもまた、高額調査依頼を狙い打ち(アンケートに「募集」という印が付いている)ができます。つまり、応募専用サイトとしても使えます。

参加確率を更にUPさせるために「リサーチパネル」の登録も検討して下さい。

以上、3つサイトが「インタビュー調査」への参加確率を上げる為に登録しておきたいサイトになります。マクロミルも合わせて4サイトから応募して総数を増やしましょう。これがインタビュー参加への最も現実的な対処法になります。

 

 


関連記事


アンケートモニターランキング