マクロミル

マクロミルの会場調査が当たらない!当選確率はどれくらい?

参加したいですよね、会場調査!

アンケート回答の何ヶ月分の稼ぎを一気に稼げるわけで、時給換算で3,000円越えなんてのも珍しくありません。是が非でも参加して効率良くお金を稼ぎたいところです。

ただ、如何せん当たらない・・・。

私は一年間くらい継続して応募した時期がありましたが、結果は一回もヒットせずでした。モニターによっては何度も参加されている方もいるようですが、参加できていない方が圧倒的に多いのが実情かと思います。

そんな時、非常に気になるのが「当選確率」ですよね?
ここでは、私の推測も込みの「当選確率」についてお伝えしたいと思います。

 

マクロミル会場調査の当選確率

当選確率を推測するにあたって、会場調査の募集が多い関東地方を例に行います。

  1. マクロミル登録数約120万人
  2. 関東地方の登録者割合40%=48万人
  3. アンケートに継続的に回答している人5%(推測)=2万4千人
  4. 会場調査に積極的に応募している人5%(推測)=1,200人

応募総数が1,200人で分母となり、分子はその調査の募集人数となります。

<概算値からはじき出した当選確率>
 
募集人数10人 = 1/120 = 0.8%
募集人数20人 = 1/60 = 1.6%
募集人数30人 = 1/40 = 2.5%
募集人数50人 = 1/24 = 4.1%

 
会場調査における募集人数の正確な数値は分かりませんが、恐らく10~20人がいい線だと思われます。よって、1件の応募に対する当選確率は「1%前後」と考えるのが妥当ではないでしょうか。つまり、100回応募して1回当たればラッキーという感覚ですね。

絶望的な数値とまでは言いませんが、当たらない人はとことん当たらないでしょう。もちろん推測値ではありますが、当選確率1%前後はあながち間違っていないような気がします。

会場調査の当選確率を上げる方法

当選確率を上げる唯一の方法は「数打ちゃ当たる作戦」しかありません。そして、多くの数を打つには「マクロミル」だけでは足りないので、他の大手アンケートサイトにも登録して応募することが求められます。

そんな中で最もおすすめなのが「D STYLE WEB 」です。

当サイトを運営する「株式会社マーシュ」は、会場調査、グループインタビュー、ホームユーステスト等の高額調査に圧倒的に強く、依頼数も段違いに言おいのが特徴(逆に通常アンケート少ない)です。その為、会場調査への募集専用サイトとして利用をおすすめします。

その他のサイトに関しては「リサーチパネル」「infoQ」「キューモニター」などの大手サイトが、アンケート以外の調査依頼が比較的届くといった感じではないでしょうか。参加が難しい「会場調査」ですが、とにかく1件でも多く応募して当選確率を上げましょう。

それが参加への絶対的近道となります!

 

 


関連記事


アンケートモニターランキング