税金

アンケートモニターの収入と税金(確定申告)の関係

社会人、アルバイト、パート等で収入を得つつ、その傍らアンケートモニターでお金を稼いでいる方は多くいらっしゃいます。

その際に気になるのが税金関係ですよね。

アンケートモニターで得た収入は課税対象となるの?
アンケートモニターで得た収入は確定申告が必要?

ここでは、そんなアンケートモニターの収入に対する税金について解説していきます。疑問を解決してスッキリした気分で稼ぎ始めましょう!

 

課税対象となるのか?

アンケートモニターで得た収入は「雑収入(雑益)」に分類され、所得税の課税対象となります。

勤務先での年末調整について

現在お勤めしている勤務先での年末調整は「主収入の所得税に関するもの」となりますので、アンケートモニターで得た収入を申請する必要ありません。

確定申告について

アンケートモニターで「副収入」を得ていた場合、収入額によっては確定申告して所得税を納税する必要があります。ここで言う「副収入」とは、勤務先で年末調整にて申請する所得以外の収入を指します。

確定申告が必要な金額は有職者・無職者によって異なります。

  • 有職者(社会人、アルバイト、パート等で勤務先で主収入の年末調整する人)
  • 年間20万円以上の所得

  • 無職者(主婦・学生・専業・無職)
  • 年間38万円以上の所得

厳密に言うと、収入ではなく「所得額」が上記を越えた場合となります。
 
「所得 = 収入 - 経費」
 
ただ、アンケートモニターやポイントサイトなどで気軽に収入を得ているだけの場合は、経費や所得に関して深く考える必要はありません。あくまでも収入ベースで考えておけば充分です。

 
アンケートモニターの収入で「年間20万円以上」を稼ぐのは至難の業です。その為、「税金云々はあまり気にする必要がない」というのが正直なところです。この金額を越えなければ、特に何もする必要はありません。

恐らく、何百万人という人がアンケートモニターで収入を得ているでしょうが、確定申告をしている人はいないでしょう。ただ、万一ということもありあすので、頭の片隅に金額だけは留めておきましょう。

 

 


関連記事


アンケートモニターランキング