toluna

Tolunaの口コミ評価!現役モニターが真実を語る!

大手アンケートサイトの一つである「Toluna(トルーナ)」はどんなサイトなんでしょうか?

ここでは、その疑問を解決すべく、現役モニターとして「Toluna」を利用している私の見解を口コミとしてお伝えします。当サイトの「運営面」「安全面」「収入面」「強み」「弱み」から、アンケートサイトとしての価値を暴きます。

モニター登録するかどうかの判断材料としてご活用下さい。

Tolunaの運営面を探る

まずは、Tolunaの運営会社に関する見解をお伝えします。

運営会社 Toluna Group
事業内容 マーケティングリサーチ業
事業活動 市場調査、データ収集、レポーティング
モニター登録数 約600万人(世界各国)

Tolunaは「Toluna Group」というアメリカ企業の資本によって運営されており、外資系のアンケートサイトになります。日本人向けのサイトは、同社の日本法人「トルーナ・ジャパン株式会社 」が管理しています。

Tolunaは刻々と変化する市場調査、データ収集、レポーティング、視覚化の世界にいち早く参入したパイオニア的企業であり、アンケート調査のための世界最大のソーシャル・コミュニティを他に先駆けて設立しています。(アンケートで稼ぐこととは関係ありませんが、実際にSNS的な機能として、アンケートや意見の共有ができたりもします)

アンケートモニター数も全世界で約600万人に及び、コミュニティツールなどの利用者を含めると2,000万人以上のユーザーを抱えています。これだけの世界的大企業による運営ですから、運営面に不安や危惧するところはなく、安心して利用できます。

Tolunaの安全面を探る

モニター登録はネット上で行うことになりますし、ある程度の個人情報の提供も必要です。そこで気になるのが「セキュリティ対策」や「個人情報の管理体制」ではないでしょうか。安全面は登録への必要最低条件ですから、しっかりと見極めたい部分でもありますよね。

ここでは、登録への不安を取り除く為、安全に関する4項目の達成状況をお伝えします。安全を検証する上で充分な効力を持つ項目を抽出しています。(モニター登録数は100万人以上を「〇」としています)

プライバシーマーク 未得済(海外サイトの為)
SSL暗号化通信 〇(採用)
協会会員 〇(日本マーケティングリサーチ協会)
モニター登録数 〇(全世界で約600万人)

海外の会社ですからプライバシーマークは未取得ですが、「世界的大企業による運営」「日本法人の設立」「暗号化通信採用」「日本マーケティング・リサーチ協会の賛助法人会員」「モニター登録数の多さ」から考えると、安全面に問題はないと評価できますね。

安全面に関しては「Tolunaの安全性・安心度を徹底検証」にて更に詳しく解説しています。詳細を希望する方は参考にして下さい。

Tolunaの収入面を探る

アンケートモニターの目的は「お金を稼ぐこと」ですから、収入面は最も気になるところであり、登録するかどうかの最重要ポイントですよね。

そこで、Tolunaの収入に関してお伝えします。

収入に関しては数あるアンケートサイトの中で「上の下」といったところです。最も稼げるマクロミルと比較すると劣りますが、他のアンケートサイトの中では上位に位置します。アンケート依頼数は「約2~3件/日」程度で、外資系アンケートサイトの中では最も多いのが特徴です。

アンケートの単価は高め(国内と海外の中間)で、海外サイトの特徴をきっちりと持っています。つまり、「依頼数の多さ」と「単価の高さ」が合わさることで、充実の稼ぎを生み出してくれます。

<アンケート依頼画面(アンケートセンター)>
toluna依頼

また、他の外資系アンケートサイト(オピニオンワールド、バリュードオピニオン)は、調査対象外となるとアンケートが即終了してポインが貰えません。「アンケート単価が高く、ポイント無しとなる可能性がある」というのが外資系サイトの特徴ですが、Tolunaは違います。

Tolunaの場合は、調査対象外となっても事前調査分として数円分のポイントが貰えます。これは国内サイトと同じ仕組みになります。(アンケートによっては、外資系と同じ仕組みのものも存在する)

以上の様に「単価」「依頼数」は国内・海外の中間的な位置にあり、ポイント獲得システムは国内の良い特徴を備えている。これが、Tolunaというサイトの際立った特徴であり、国内外の良い部分を兼ね備えたサイトであるという所以になります。

Tolunaが持つ強み

Tolunaは「大企業運営で安心」「安全性」「高単価×依頼数で充実の稼ぎ」という強みを持っているんですが、更に、他の外資系サイトにはない強みを持ち併せています。

それが、稼ぎを現金化することが可能という点です。

toluna交換

ポイント交換先が「Pex(ポイント交換サイト)」にも対応していますから、国内サイトと同様に現金化が可能です。他の外資系サイトはポイント交換サイトに対応していませんから、Amazonギフトやクオカードなどにしか交換できません。

Tolunaが持つ弱み

Tolunaに利用する上での「弱み」は特にありません。ただ、ポイントの換金レートが分かりづらいといった残念な点があります。

通常のアンケートサイトは「1P=1円(大部分のサイトがこれ)」「2P=1円(オピニオンワールド)」「10P=1円(リサーチパネル)」となっていますが、Tolunaは「1P=0.0375円」という非常に分かりづらいレートとなっています。
日本法人が設立されているわけで、分かりかり易く「1P=1円」に調整してほしいものですが、それは出来ていません。

表示ポイントの約30分の1が日本円に換算したポイントとなります。

  • 1000P=37.5円
  • 3000P=112.5円

ただ、この弱みは「日本円に換算しにくい」というだけですから、Tolunaの唯一の残念な点として受け入れれば重要な問題ではありません。

Tolunaの総合評価

ここまでTolunaの見解をお伝えしてきましたが、まとめると以下の通りです。

  • 世界的リサーチ企業による安心運営
  • 安全面に問題視すべき点はなし
  • 調査依頼数は外資系サイトNo.1
  • 単価は国内外の中間に位置して高め
  • 国内サイトと同様に事前調査分のポイントが貰える
  • 外資系サイトで唯一現金化可能
  • ポイント表示(交換レート)が分かりづらい

圧倒的に利用するメリットが多く、デメリットも気になりません。アンケートモニターは複数サイトを併用して稼ぐのが一般的ですから、収入を増やす意味では「登録しておきたいサイトの一つ」と言えますね。

また、日本ではまだあまり知られていないサイトですから、回答数制限に引っ掛かることが少なく、稼げるチャンスが多いサイトだとも言えます。つまり、モニター登録の最大のチャンスはまさしく「今」ということですね。

あなたも、国内外の特徴を併せ持った新感覚サイト「Toluna」でモニター生活をスタートしてみてはどうでしょうか。

こちら「Tolunaの登録・退会について」のページにて登録方法を画像付きで紹介しています。
 
登録方法や内容に不安がある方は、参考までにご覧下さい。

 


関連記事


アンケートモニターランキング