日本マーケティングリサーチ協会

日本マーケティングリサーチ協会とアンケートモニターの関係

アンケートモニターを始めるにはサイトに登録が必要で、その際にある程度の個人情報の提供を求められますから、どうしても気になるのが運営企業の安全性ではないでしょうか。

アンケートサイトを運営している会社は、マーケティングリサーチを生業とする一般企業です。仮に「個人情報の流出」といった事態を発生させてしまうと、社会的信用を失い、大きな損失を計上することになります。ですから、故意に個人情報を流出させる様なことは絶対にありません。

ただ、私たちモニターからすると、ネット上ですから相手企業が見えないこともあり、本当に安全なのかは甚だ疑問ですよね。そんな時にプライバシーマークと共に安全性を判断する指標として利用できるのが「日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)」への加盟有無なんですね。

ここでは、JMRAに加盟していることの意義について解説したいと思います。

jmra

日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)について

日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)は「プライバシーマーク付与認定指定機関」としても認定されており、リサーチ会社が加盟する最も信用度の高い協会として位置付けられます。

JMRAはマーケティング・リサーチを主な業務としている信頼できる会社の集まりで、加盟している各調査会社はマーケティング・リサーチ綱領の遵守と、個人情報とプライバシーの保護に万全を期すことを求められます。

JMRA加盟各社は以下の通りの運営を行うことを宣言しています。

  • 市場調査にご協力いただいた方のプライバシーは絶対に守ります
  • 消費者の意見を正しく反映させます
  • 商品の販売・勧誘を行うことは絶対にありません

プライバシー保護や商品の販売・勧誘の有無はモニター登録をするにあたって気になるところですよね。そんな時に、JMRA加盟企業が運営しているアンケートサイトであれば、これらの心配を一掃できるんですね。アンケートサイト運営会社からしてもこの効果は大きいですから、信頼性や安全性をアピールする為に加盟しています。

この様に「JMRAへの加盟」はアンケートサイトの安全性を判断する基準として非常に高い効果を発揮します。

あなたも、モニター登録やサイト選びの判断材料として「JMRAへの加盟有無」に注目してみて下さい。「プライバシーマーク取得」と「JMRAへの加盟」の二つを満たしていれば、安心して利用できるアンケートサイトであると判断してもよいでしょう。

 


関連記事


アンケートモニターランキング